誰とも話さず眠りたい

36歳のバツイチと色恋の話をした。楽しかった。彼氏がいることを誰にも言ってなかったのでなんとなく濁してしまって、「彼氏みたいなのがいる」と話してしまったがセフレだと思われていないか非常に心配なところである。

朝、好きな人にあんなことを言わなければと一年前のことを後悔してしまったので本日のメンタルが心配だったが日中は安定していた。好きな人に心の中でさよならをする案が浮かんだのだが、一生会わないで済む相手ではないので五秒で断念した。

しかし今日はなんだか他人の挙動が気になる日だった。自分の自己肯定感が低いばかりに「全く給料に見合った仕事をしていない」と感じることが多い(私自身が感じているだけで仕事自体はブラックそのものの拘束時間と勤務日数である)。

ここから一千字ほど今日の愚痴を長々打ち続けるところだったので反省してすべて消去した。ようは他人の行動によって自分のメンタルが変異させられてしまうことが多いということだ。しかしこれも最高に自分の心が安定しているときは「何怒ってんだろ」程度で済む。いや思い返してみたが済んでいない。必ず何かしらの負傷をしている気がしてきた。豆腐メンタルどころか当り屋レベルである。自分からメンタルを崩しに行っていると言っても過言ではない。他人の不機嫌によって崩されていてはこの先が思いやられる。どうにかして他人と自分のメンタルを隔絶する方法はないものだろうか。これは今後の課題である。とりあえず今日は最悪のコンディションであるためここらへんで終わることにする。明日の私の命があることを願って、おやすみなさい。