暫くぶりのうちに変化したこと

なかなか久しぶりですが少しずつ変化があったので書いていきます。

あと、下書きに4つくらいあった、しばらく前に書いたであろう記事をアップした。

多分すべて途中で書くのをやめてしまったものなので中途半端だと思うけど、そのままアップする。今から書き足してもその時の気持ちには戻れない。

これまでずっと悩んでいた心の不安定さですが、受診こそしていないのですがネットで調べる限りPMDD(生理前不安障害)であることを確信した私は色々調べたり運動とかしてどうにかこのイライラや、不安やら絶望感などを納めようとしたけど運動も続かず、調べ物してもどうにもならずに症状が悪化する一方だったのでとうとう海外のサプリメントに手を出しました。

トリプトファンというアミノ酸の一種をカプセルにいれたサプリメント(全然違法とかじゃない)。

来るまで、どんな風に作用するのか想像しては麻薬くらいに幸福感が出てきちゃうのかなーこえーなーでもそんなに幸せに過ごせるならそれはそれでいいなーと(それまで心が不安定すぎたので)思っていたのですが、受け取ってその日に服用するも特に麻薬感はなくて、んー?合わないから効果が出ないのかしら、と思ったのですが翌日もそのまま服用。なんとなくずっと服用していた。けど、いつも家族に刺々しい言い方をしてたことや、お客さんやおばさんにイライラしていたのもなんとなく緩やかになっている気がしてきた。

そしてあの鬼門だった仕事中のトイレ掃除。窓もない締め切った空間で作業するせいか、過去の失敗を思い出したり恋愛で失敗したことや友人のむかつく一言を思い出してはイライラしたり悲しくなったり死にたくなったり鬱々するスイッチになっていたトイレ掃除ですが。

そんな気持ちにならなくなった。

プラセボかもしれないけど、気付いたら「あれ、いつもだったらイライラしたり悲しんだりしてるのに……?」と思う度にもしかしてこれもトリプトファンの効果か?と思い始めた。一回服用しないでちょっと過ごしたらやっぱりちょっと悲しくなったので慌てて服用したこともありましたな。

けどまだ、生理前には服用してないのであの猛烈な鬱に効くのかは分からない。カプセルの含有量から考えると1日最大二粒。今のところ朝の一粒だけで済んでいるのでもししんどくなったらもう一粒は服用できるので試してみる。

とりあえずは死にたくなるほどの悲しみやイライラ、私は何でこんな人間なんだろうっていう辛さもだいぶ和らいできたので解決とする。

 

もうひとつ、彼氏について。

彼氏とはまあそのまま付き合っている。

一挙手一投足にムカついていたけどトリプトファンの影響か割と緩やかになってきた。

しかし未だにご飯の食べ方の汚さには腹が立っている。

口を閉じずに噛むのでクチャクチャ音がする、飲み物飲むときは熱くなくてもズズズッと吸う。飲むときに喉をゴキュッゴキュッと鳴らす。

正直辛いものがある。

注意はしているけど何度も何度も言うのはこっちもしんどいのでたまに言う程度にしている。体臭は指摘したらすんなりやると言ってくれたのでありがたい。

体臭を指摘した日は仕事終わりでそんなに長く会うつもりはなかったけどとりあえず会いたいのでドンキで待ち合わせた。ちょっとドンキで買い物してから車に戻り適当に話をした。

なんとなく私も指摘してばかりで心苦しいので、「私ばっかり言ってるけど、あなたも私に対して何か思っていることがあったら言ってほしい、善処する」と話した。

するとまあ、痩せてほしいよね 笑という返事が帰ってきてそれなんですよねーーー!ってなる。

 「まあでも、俺はほんとに綺麗な子と付き合えたなーという思うわけよ、でも、でも、もうちょっと痩せてたらなーとも思うんだよね。でも痩せることによって身体壊すようなのはもっと嫌なんだよ」

と言われてイトマ、キュンとする。

当たり前のことを言われたが当たり前すぎてキュンとした。謎。

ひねくれ症の彼氏なのであまり人をほめないし自分自身のことも卑下するような人なので不意討ちにあったのかもしれない。

なんとなく誰を見返すでもなく自分のためでもなく、素直に健康になろうと思えた瞬間だった。

 

あとSNSに関して。

ツイッターもインスタグラムもFacebookも、アカウントだけを残してアプリを消した。スマホにメモしていたパスワードも自宅の部屋のノートに書いているだけで、すぐにログインできないようにした。これまではアプリを消してもネットからログインできるため、パスワードメモアプリでさっさとログインしていたけど、アプリをダウンロードして自宅に帰ってパスワードを調べる、というツークッションを置くことでほとんど使用しなくなった。iPhoneからエクスペリアに変えてからなのでもう2、3ヶ月になる。私が外に文書を残すのはこのブログと瞬間日記というアプリだけだ。

最近は残すことにあまり魅力を感じなくなってきた。

Facebookツイッターもインスタグラムも、更新する度に「誰かに一つ一つを評価されている感覚」があって、その評価をあげるために「誰も書いていないこと」「誰も上げないようなユニークな写真」を追い求めている自分に気付いて気持ち悪さを感じて耐えられなくなった。

そして人の投稿に毒づいている自分も。

ツイッターではなんとなく、「こういうことを吐き出す場所にしよう」と思って作ったせいか、それ以外のことを書きづらくなってしまう。インスタグラムでは「充実してます感より、写真は適当にインパクトあるものをあげてアルバムとして使おう」というやっぱり人とは違うものを求める気持ちが強くなってしまう始末。気持ちが悪い。

他人の目を気にしたくない、と思ってする行動こそ他人の目を気にしていることに気付き、暇潰しがなくなることを怖れながらもそれらを消去したのです。するとだいぶ心が楽になった。

最初は退屈だなーと思っていても、空いた隙間にはやはりなにかが入ってくるもので農業ゲームやらゲーム実況などがそれらに入り込み、特に暇を感じることもなくなってきた。

 

お兄さんについて、こちらに書いたことはあっただろうか。

去年の6月だか7月に失恋したのだが、彼氏がいながらもなんとなく引きずっていた。

最低なことだが事実なので仕方ない。それまではそのことを思い出しては悲しみ後悔し、これもあってPMDDが悪化していたように思う。サプリメントを飲んで心が安定しつつももやもや引っ掛かっていたが、それがどうしようもなく収集がつかなくなってきたので事情を知っている友人の紫に色々吐露した。長々したLINEを送ってしまったが紫はちゃんと答えてくれた。

彼氏がいながらも失恋を引きずっていることに同調しつつも、第3者の視点も入れて慰めてくれた。ほんとにいいやつである。正論で非難する友人がいる分、紫の理解力にはありがたみを感じる。

紫にラインで説明をしていく中、徐々に心が落ち着いていくのを感じる。なんとなく一年たったこと、彼氏に対して申し訳ないことをしていること、これからどう転んでもその人とは一緒にならないであろうことがじんわりと腑に落ちた、という感覚だった。

未だにカッコいい人だよな、とは思うが名前を聞くたんびに起きていたあの身もだえするような苦しみは起きなくなった。以前はインスタやFacebookで彼を検索してはネトストしまくっていたのだが、前述したsns絶ちも手伝って、彼がどうしているか、どんなことをアップしているのかも今はほとんど気にならなくなった。少し心が軽くなった。

 

あともうひとつだけ書いて寝よう。

エロ眼鏡と心の中で呼んでいる人がいる。男性は異性と3秒以上を目を合わせられるとセックスができる、という心理学だかなんだか分からないことを聞いたことがあるだけに、このエロ眼鏡がじっと見てくる度に勘違いしそうになって大変である。

そして私も色んな人に愛想笑いができるスキルを手に入れたために見つめられたときにニッコリ返してしまえるのが恐ろしい。心の中で思う分には、何であっても許される。という言葉がエロ眼鏡に見つめられる度に頭の中をよぎる。

私のモラルの低さ、なかなかである。